おはようございます。

 

今日はひとりになるための

ポイント、3つ目で最終回です。

 

使命に気づいて自分らしく生きていく

ためにも、

 

自分をみつめることは、

とても大切なことであると

いえるのではないでしょうか。

 

「3つ目は、自分を見つめるのに

ふさわしい場所を持っておく。

 

『マイスペース』と私は呼んでいますが、

そこにいるだけで深く自分の中に入る

ことができる『場所』を見つけておくのです。

 

例えば、同じスタバでも、

ほかのスタバではダメで、

 

このスタバの○○店の、このあたりの、

この角度の、

この席でないとダメだというように、

 

『マイシート』をつくっておく。

 

そこにいてぼーっとしていると、

なぜか気持ちが内側に自然と

入っていける。

 

そこにいるだけで自分の内側を

見つめるモードに、

自然とスイッチオンできる。

 

そんな『場所』をつくって、

定期的にその場に身を置くことが、

自分を見つめる『一人時間』を

うまく持つための極意です」。

 

(諸富祥彦

『「本当の自分」になるための心理学』

集英社新書、2017年、109ページ)

 

私は「マイスペース」といえる場所は

ないものの、

ほぼほぼ毎日、どこかの喫茶店には

います。

 

もちろん、マイスペースは家のなかでも

OKです。

 

いまもしないようなら・・・

どこかにあえてつくってみては

いかがでしょうか。

 

少し積極的にいろいろなところに

行ってみることも

ときには大切といえるかも

しれません。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容