おはようございます。

 

昨日は、

思い通りにならないことで、

人生が豊かになることを

お伝えしました。

 

さらに加えると・・・

 

「努力と向上心で人生は何とかなると

思っている人は、『我』が強いのです。

 

『我』=自分の計画や目標にこだわり、

執着しすぎるのです。

 

 

 『私がこうしたい』、

『私はこの大学に行きたい』という『自我』の

思い描いたストーリーへのこだわりが

強すぎます。

 

 『運』や『縁』よりも『我』を優先し、

それにこだわる。

 

自分の立てた目標にこだわりすぎるが

ゆえに運や縁を棒に振ってしまいがち

なのです。

 

これは損です。もったいない。

 

 

こういう人を真の意味で

エゴ・イスト=『自我主義者』というのです」。

 

(諸富祥彦

『「本当の自分」になるための心理学』

集英社新書、2017年、153ページ)

 

 

もちろん・・・

努力や向上心やら、

計画性や目標が悪い、

というわけではありません。

 

そこにこだわりすぎたとき、

達成できない自分や他人を

責めてしまえば、

 

せっかくのチャンスや可能性を閉じて

しまうことになりかねません。

 

それよりも・・・

思い通りにならないことで

運ばれてくる運や縁を大切に、

 

自分でも気づかない可能性を大切に

する方が、

本来の自分を生きることに

つながると、

いえるのではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容