おはようございます。

 

子どものころから、

周囲に受け入れられなかった分、

あなたは・・・

 

人一倍、思い通りにならないほど、

苦しい思いをしてこられた

のではないでしょうか。

 

「転がれば泥がつく。

泥がついても転がれぬものよりも

幅が利く」。

 

(夏目漱石『吾輩は猫である』新潮文庫、

1951年、540ページ)

 

転がれば痛いし、つらいし、

泥がついて汚れるし・・・

 

それでも転がり続けることによって・・・・

 

栄養分を吸収して

大きく花開いていきます。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容