おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば・・・

 

周囲からの風当たりが強く、

落ち込むようなことは

ないでしょうか。

 

「自分に愛想の尽きかけた時、

自我の萎縮した折は鏡を見る程

薬になる事はない」。

 

(夏目漱石『吾輩は猫である』新潮文庫、

1951年、356ページ)

 

いま一生懸命がんばっている

あなたが鏡に映っているとして・・・

何て声をかけてさしあげますか。

 

「もっとがんばれ」

と今の自分を否定する

のではなく、

 

「がんばっているね」

と今の自分を認めることばを

かけるとどんな表情になりますか。

 

そう、あなたはこれまでだって、

今だって、

がんばっていらっしゃるんです。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容