おはようございます。

 

あなたは子どものころから

ツライことの連続だった分、

 

一生懸命にがんばって

生きてこられたのでは

ないでしょうか。

 

だからこそ・・・

 

ここで一回立ち止まって

ほしいのです。

 

「向上心にはもちろん、

悪い面ばかりではありません。

 

いい面もたくさんあります。

 

けれども、・・・

こういう人の心のパターンは、

 

『仮想的な未来のある地点』を

設定して、

 

その『仮想的な未来』のために、

現在の自分を犠牲にし続ける、

というものです。

 

がんばれば、

いつかは幸せになれる未来が

待っているんだ。

 

努力し続ければ、

本当の幸せが来るはずだ」。

 

「これがたゆまざる苦しみの連続へと

自分を追いやってしまうのです。

 

どこまで行っても自分にダメ出しを

し続けるパターンが身に付いて

しまうのです」。

 

(諸富祥彦

『「本当の自分」になるための心理学』

集英社新書、2017年、134〜136ページ)

 

もちろん・・・

努力や向上心が悪い、

ということではありません。

 

けれども、

ありえない未来のために

努力や向上心を持ち続け、

 

永遠に自分にダメ出しを

し続けることになり、

 

いつまでたっても、

あなたが本当に欲しいもの

=自信・安心感は

手に入らないのです。

 

 

だからこそ・・・

ここで一度立ち止まって、

がんばってきた自分を

受け止めて欲しいのです。

 

100点満点ではなくていいんです。

 

せめてこれまでがんばって

やれたことを整理して、

自分を受け止めて

さしあげてください。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容