おはようございます。

 

昨日は、

人を説得することもできないし、

わかってもらえるものでもない

ことをお伝えしました。

 

だとしたら・・・

 

「10人に1人でもいいから

自分をわかってくれればいい。

 

30人の中で一人だけでもいいから

味方になってくれる人がいればいい。

 

極端なことを言うと、

この人は自分の味方だと心から

思える人が、

この世界に一人いるだけでいいのです」。

 

(諸富祥彦

『「本当の自分」になるための心理学』

集英社新書、2017年、84ページ)

 

ここで大切なのは・・・

100人に1人でも、

いや1000人に1人でも・・・・

わかってくれる人がいなかったら、

どうするか・・・

 

「後は、セルフケア、

つまりどんなに周りの人が理解

してくれなくても、

 

『自分だけは自分の味方である』

と思えることが大切です。

 

『自分だけは自分の味方であろう』

という潔い姿勢、これがとても大事です」。

 

(84ページ)

 

そう、たとえ誰がわかってくれなくても、

あなたのことをわかる人が

1人は絶対にいるのです!

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容