おはようございます。

 

あなたは子どものころから

ばかりか、

 

大人になって働きはじめても

受け入れられず、

 

自分はダメだなんて、

思ってこられなかったのでは

ないでしょうか。

 

ちょっと待ってください!

ちょっと難しいかもしれませんが、

以下の文を読んでください。

 

「正常性(ノーマル)は、

適応能力で決められるのではなく、

 

むしろ逆で、

 

新たな基準(ノルム)を創り出す

能力で測られるべきである」

 

(クルト・ゴルトシュテイン)

 

(サージ・ジンジャー、

佐々木監修

『ゲシュタルト・セラピーの手引き』

創元社、2007年、15ページ)

 

ちょっと難しいでしょうか。

 

正常さとは、社会に合わせる

ことではなくて、

あなたが自分らしく生きることだ、

 

ということです。

 

だからこそ・・・

これまで人から認められずに

自分はダメだなんて思う必要は

ないのです。

 

あなたがあなたらしく、

あなたの基準であることが、

「正常さ」なのです。

 

ちょっと、いや、

勇気がいることかもしれません。

 

あなたの基準で生きられること、

応援しています。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容