おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であればなおさら・・・

 

子どものころから、

周囲から理解されずに、

とてもつらい想いを重ねてこられた

のではないでしょうか。

 

「わかってほしい」

という気持ちは気持ちとして・・・

現実は異なるのがさらに

つらいところではないでしょうか。

 

「人間というのは、

『わかりあえなくて当然』の生き物です。

 

『話せばわかりあえる』などということは

絶対にありえません。

 

『話せばわかる』と主張する人の話を

くわしく聞いていくと、

 

その人が言いたいのは、

 

結局『話せば自分の言いたいことで

説得できる』と思っているだけの

ことなのです。

 

『話せばわかる』というのは

まったくうそなのです」。

 

(諸富祥彦

『「本当の自分」になるための心理学』

集英社新書、2017年、83ページ)

 

そう、他人を変えることが

できないとすれば・・・

 

話して人を説得することは

できないものです。

 

 

たとえそれがどんなにツラくて

悲しくても、

それが現実です。

 

わかってくれないことへの

悲しみを受け入れ、

それでも、自分の考えや想いを

大切に、

自信をもって生きていきたい

ものではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容