おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすると・・・

 

子どものころから「問題児」として

扱われ、

 

「努力、根性」で無理やり

社会にあてはめられそうに

なったのではないでしょうか。

 

「なんなんでしょ、

この『がまん神話』は。

 

もう止めようよ、日本人。

 

苦しんで覚えたことは、

すぐ忘れるんです」。

 

 

(松永暢史

『「ズバ抜けた問題児」の伸ばし方』

主婦の友社、2018年、51ページ)

 

無理して努力しても・・・

苦手なことはほとんど

忘れるし、

身につきにくいんです。

 

それであれば・・・

まだみつからないことでも、

 

好きなこと、得意なことを

伸ばしていきたいものでは

ないでしょうか。

 

苦手なことは他の人に

任せてOK!

 

あなたが光る生き方を

みせていただけることに

期待しています。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容