おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすると・・・

 

 

子どものころから否定され

続けて「ダメだ」という感覚が

強くなり、

 

自分を「安売り」してしまう

ようなところはないでしょうか。

 

 

「否定され、無条件の愛情を

もらえなかった人は、

自己評価が低くなりやすい。

 

人並み以上に容姿や能力に

恵まれていても、

自分には何の取り柄もないと

思い込んでしまう。

 

本当は優れたところを

たくさんもっているのに、

欠点だらけだと思ってしまう。

 

そうした思い込みが、

自分を『安売り』する行動に

つながっていく」。

 

(岡田尊司『母という病』

ポプラ新書、2014年、57ページ)

 

そう、

仕事においても、

あるいは恋愛においても同じです。

 

生きる上での「安売り」

から逃れるためにも、

 

「生きているだけで

(心臓を動かし、

呼吸をしているだけで)

私には価値がある」

 

無理をせず、少しずつでも、

自分の価値を自分で受け入れて

高め、

 

あなたらしく生きていって

くださることを

願っています。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容