おはようございます。

 

昨日、北海道で大きな地震が

起こりました。

 

亡くなられた方にはご冥福をお祈りし、

被災された方にはお見舞い申し上げます。

 

実は・・・

私は明日函館に行く予定でしたが、

やむなくキャンセルです。

 

ということで、

今回は思い入れがあります。

 

毎回、地震が起きるたびに思い出す

文章を今日もご紹介します。

 

 

「私が思うに、人は誰でも、

心のどこかで理解している。

 

いわゆる『災害』や『愛のない人々』は、

私たちの意識が創造したものだ。

 

自分たちで築いた壁を破るために、

そういう存在が必要なのだ。

 

しかし、愛というエネルギーの力は、

いつでもそこにある。

 

静かに脈打ちながら、

姿を見せる機会を待っている。

 

しかし悲しいことに、

洪水のような悲劇がきっかけに

ならないと、

 

私たちはなかなか愛の存在に

気づくことができない」。

 

(パム・グラウト、桜田訳

『こうして、思考は現実になる2』

サンマーク出版、163ページ)

 

この文章、洪水を地震と読み替えても

同じです。

 

洪水や地震などの災害は、

私たちの愛に気づくために

起こる、ともいえるのでは

ないでしょうか。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば・・・

 

人々が自分の愛に目覚めるきっかけを

与えるために、

生まれてきた、ともいえるかも

しれません。

 

あなたの愛でたくさんの

人々が愛に目覚めることで・・・

 

地震などの自然災害を防ぐことが

できる、

といえるのではないでしょうか。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容