おはようございます。

 

昨日は自分を変えることの

勇気についてお伝えしました。

 

その自分を変えることの勇気、

その大変さについて、

今日と明日、

別々のことばでお伝えします。

 

「脱皮することの出来ない蛇は

破滅する。」

(ニーチェ、茅野訳『曙光』573)

 

自分を変えることを脱皮に

たとえれば・・・

 

非常に大きな痛みを伴うことは、

容易に想像がつくことでしょう。

 

いまの延長線上に変わる

自分がいるわけではないのが

つらいところ・・・

 

少しずつでも、

一つ一つの課題をこなしていく

ことの積み重ねで、

 

脱皮が可能となり、

本来のあなたの姿に近づいて

いくのではないでしょうか。

 

 

大げさに考えるより、

日々の生活を大切にし、

 

苦難なことが起きても

本来の自分になるために

必要なことが起きているのだと、

 

現実を受け入れる心を

つくることが大切なのでは

ないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容