おはようございます。

 

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

だとしたらなおのこと、

 

子どものころからご家庭に

受け入れられず、

ずっとツラい思いをされてこられた

のではないでしょうか。

 

「子どもは親を憎みたく

なんかない。

 

ただ親を愛したいのだ」。

 

(岡田尊司『母という病』

ポプラ新書、2014年、317ページ)

 

そう、素直に愛したいだけだし、

争いも嫌いで、

平和な家庭に育ちたかったのでは

ないでしょうか。

 

 

今すぐに憎しみを手放して

ご両親と仲良くする、

なんていうことはいいません。

 

本当は、

ご両親を愛したかったのだ、

ということにまずは

気づいてください。

 

それが、

あなたの使命に気づき、

本当のあなたを生きていく

第一歩となることでしょう。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容