おはようございます。

 

昨日・おとといと、

「なりたい自分」や「快楽・幸福」

を求めても手に入らないこと、

 

そしていまの自分を超えていく

「本来のなるべき自分」になっていく

自己超越についてお伝えしました。

 

では、どうしたら自己超越をして、

本来の自分になれるのでしょうか。

 

「人生の意味への問いは

ただ具体的にのみ立てられ

うるのであり、

 

答えもただ活動的にのみ

与えられうるのです。

 

『人生問題』に答えるとは、

とりもなおさず、

『人生問題』に責任を持つこと、

答えを『行なう』ことなのです」。

 

(V・E・フランクル、

山田邦男監訳

『意味への意志』春秋社、

2002年、112ページ)

 

「責任」・・・

日本語より英語で考えた方が

わかりやすいでしょう。

 

責任とは、

respoinsibility

 

response(レスポンス、応答する)

ability(能力)

 

つまり、

求められていることに答える力、

のことです。

 

仕事であれ、家庭のことであれ、

健康上のことであれ、

今求められていることに

応えていくこと・・・

 

その積み重ねが

困難に耐える力を養い、

幸せな未来をつくることに

つながるのではないでしょうか。

 

明日、もう一つの面から

お伝えしていきます。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容