おはようございます。

 

悲しいことに・・・

幸せはいくら求めても・・・

手に入らないものでは

ないしょうか。

 

「幸福そのものを直接追い求める

行為は、

 

心理学的に言って、

生き甲斐ある生を営むための

手段としては、

 

まったく役に立たないようである。

 

幸福というものは、

実際には何か別のものに付随して

起こってくる現象、

副産物であるらしい。

 

その時点では気付かなくても

後で振り返ってあの時は幸福だった

と認識できるのは、

 

なにより、

やり甲斐ある課題、

価値ある目的に没頭し献身した

時である」。

 

(マズロー、1964年、

ホフマン、上田・町田訳

『マスローの人間論』

ナカニシヤ出版、2002年所収、

40ページ)

 

理想を求めたり、

幸せを求めたりするのではなく、

 

いまの課題に真剣に

取り組むことが大事なのでは

ないでしょうか。

 

 

「課題がよくわからない」

というのであれば、

 

仕事、あるいは人から求め

られていることに

真剣に取り組むことが

まず大事なのではないでしょうか。

 

きっと、何かがみえてくる

ことでしょう。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容