おはようございます。

 

ここ数日、「自己超越」から、

使命に気づき、

歩むべき本来の人生について

お伝えしています。

 

責任と決断をもって、

毎日を過ごすことが大切で

あることをお伝えしています。

 

でも・・・

その結果となる幸せについては

どのように考えるのでしょうか。

 

「私たちは、

結果を気にかけてはならない、

気にかけるべきは意図だけである、

と。

 

意図は私たちのものであり、

結果は神のものです。

 

・・・

 

大切なのは、

自分のなすべきこと、

できる限りのことを、

誠心誠意行なうことなのです。

 

私たちになしうることは、

それだけです」。

 

(V・E・フランクル、

山田邦男監訳

『苦悩する人間』春秋社、

2004年、214ページ)

 

ここで大事なことは・・・

 

「神」ということばを一旦

おいておき、

 

結果を気にかけるのではなく、

自分のなすべきことを

誠心誠意行うということでは

ないでしょうか。

 

結果がみえなければ

不安かもしれないですし、

気持ちも落ち着かない

かもしれません。

 

やる気も起きにくい

かもしれません。

 

でも・・・

結果がわからないからこそ、

あるいは他にやっている人が

いないからこそ、

 

本来のあなたに戻る

チャンスがあると

いえるのではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容