おはようございます。

 

昨日は運命について

お伝えしました。

 

変えられないものだからこそ、

悩むことも多く、

使命につながる可能性も

あります。

 

そして・・・

 

「この正真正銘の運命それ自体に、

そしてその運命だけではなく、

 

さらにこの世界の出来事全体に

意味があるとは考えられない

でしょうか」。

 

(V・E・フランクル、山田・松田訳

『それでも人生にイエスと言う』

春秋社、1993年、111ページ)

 

仮にあなたが愛と光をこの世に

もたらすインディゴ・チルドレン

として生まれてきたとすれば・・・

 

あなたの運命や悩みとは、

この世界の救済や創造に

結びつくといえるのでは

ないでしょうか。

 

この世界は、

いまのあなたが思い描いている

ものとあまりにも違うゆえに、

 

余計に重荷に感じて

苦しいのではないでしょうか。

 

そして、その重荷を背負いつつも、

前に進もうとすることが、

運命であり使命であり、

 

あなたらしく活き活と

生きていることにつながると

いえるのではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容