おはようございます。

 

昨日はまでは、

「やりたいこと」があれば、

 

すぐにやってみることが

大切であることを

お伝えしてきました。

 

使命に気づくプロセスとして

「やりたいこと」をやることは

大切でも・・・

 

「やりたいこと」が使命に

なるとは限らないし、

 

使命を「やりたいこと」だと

思って探そうとすると、

 

みつからずに余計に

苦しいことになるのでは

ないでしょうか。

 

「自己実現する人は、

利己主義と無私の態度とが、

一層高次の上位単一体のうちに

融合する傾向が強い。

 

仕事は遊戯と同じになろうとし、

職業と道楽とは同じことになる。

 

義務は喜びであり、

喜びが義務の遂行であるとすれば、

それらの分離性、

対立性は失われる」。

 

(アブラハム・H・マスロー、

上田吉一訳『完全なる人間』

誠信書房、1964年、272ページ)

 

 

そう、ちょっと無理かもって

思っても・・・

求められることをやってみる

ことによって、

 

やってみることによって

意外とできたりすることは

ないでしょうか。

 

その結果、

できることが増えて

自信につながるだけではなく、

 

予想外の自分を発見して、

本来の自分に戻る機会に

つながるかもしれません。

 

仕事でも何でも、

まずは求められることに

気づいて、

 

やってみることから始めて

みてはいかがでしょうか。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容