おはようございます。

 

昨日は、悩むことは業績であり、

成熟であることをお伝えしました。

 

さらにいえば・・・

 

「苦悩する人間は、

まさに真理のすぐ近くにいる

のであり、

たやすく真理に気づくのです。

・・・真理の中に立っているのです」。

 

(V・E・フランクル、

山田邦男・松田美佳訳

『苦悩する人間』春秋社、2004年、

133ページ)

 

あーでもない、

こーでもない・・・

どこまでも自分を否定し続け、

悩み抜くなかで、

 

「そうだったんだ」

という真理へ到達できるのでは

ないでしょうか。

 

だからこそ・・・

 

「真理は人間を自由にします。

 

なぜなら、真理とは、

その人の真理であるだけではなく、

真理そのものであるからです。

 

普遍的な、すべての人に

共通の真理であるからです」。

(134ページ)

 

 

あなたが思い悩んで出した結論、

そしてその真理こそ、

 

すべての人に共通の真理でもあり、

それを伝えることによって、

 

あなたにも、そして世界の人々も、

幸せになるといえるのでは

ないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容