おはようございます。

 

昨日は「自分と和解すること」で

本当の自信につながることを

お伝えしました。

 

今日はその続きです。

 

「この際に大切なことは

『無条件の受容』です。

 

症状を持っていようと、

問題行動を繰り返していようと、

 

そういう自分をも含めて

受容するのです。

 

一見わかりやすいようでいて、

実践しようとすると難解極まるのが、

この『絶対受容』です」。

 

 

(斎藤学『自分の居場所のみつけかた』

大和書房、2006年、158ページ)

 

そう、「絶対受容」・・・

 

病気であろうが、

問題行動を繰り返そうが、

 

できないこと、ダメところが

たくさんあろうが、

 

人から嫌われようが

 

・・・

それでも自分を受け入れて

いくことです。

 

 

「たとえ○○であっても、

私には価値がある」

 

そういって鏡に映る自分に

いってさしあげてください。

 

条件をつけることなく、

自分を受け入れていくことが

本当の自信につながります。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容