おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば・・

 

誠実であり、

何かに対して言い訳をするような

生き方をするのは、

きっと嫌なのではないでしょうか。

 

「人間は、いつも誰かに対して

(共同体に対してであれ、

自分の良心に対してであれ、

自分の神に対してであれ)

 

責任を引き受ける代わりに、

言い訳をしているのでは

ないでしょうか。

 

・・・

 

そしてその結果、

・・・自由を失ってしまうのです。

 

こうした目的のために、

・・・運命的なものを

持ち出すことによって、

その背後に自分の自由を

してしまうのです」。

 

(V・E・フランクル、

山田邦男監訳『意味への意志』

春秋社、2002年、61ページ)

 

行動して失敗したこと、

行動しなくて後悔したこと、

努力して結果が出なかったこと、

 

うまくいかないことがあれば、

また嫌な思いをしたときに

他人のせいにすること・・・

 

 

すべて自由を失うことに

つながりますね。

 

すべてが自分が引き起こした

ことだと責任を引き受けるのは

とてもつらいです。

 

そして・・・

すべてが自分が引き起こした

ことに責任をとることによって、

 

自由に生きることができる

ようになるのではないで

しょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容