おはようございます。

 

 

きっとあなたは・・・

子どものころから多くの悲劇に

見舞われ、

 

つらい思いをされてこられた

のではないでしょうか。

 

そして・・・

 

「人生というのは

とかく思った通りにはいかない

ものです。

 

ある日突然、

思いも寄らなかった『悲劇』に

襲われることもあります。

 

それは不運としか言いようが

ないのかもしれませんが、

 

それに対していつまでも

『何で自分がこんな目に

遭わなければならないのか』と

被害者意識を抱いていても、

 

状況は一向に好転しません。

 

再び精神的な豊かさを

取り戻すためには、

その出来事に何らかの前向きな

意味を見出す必要があります」。

 

(榎本英剛『本当の仕事

自分に嘘をつかない生き方・働き方』

日本能率協会マネジメントセンター、

2014年、42ページ)

 

 

「○○のせいで私は△△となった」と、

人に自分の人生を左右されている

としたら・・・

 

自分が自分の人生の主役に

なれずに、

余計につらい思いをしますね。

 

そんなこと、

私にいわれたくもないし、

認めたくないでしょう。

 

いいんです、

認めたくなくて。。。

 

そして、

あなたの人生の悲劇に

前向きな意味を認めたときに、

 

あなたは自分の人生の主役に

なることができ、

 

使命に気づいていくことが

できるようになるのでは

ないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容