おはようございます。

 

人生の使命に気づこうと

したとき・・・

 

今日はちょっと似たような

ことばで、

運命について考えます。

 

「運命は、操縦できません。

 

私たちが影響を与えることの

できないもの、

 

本質的に私たちの意志の力の

及ばないもののことを

運命というからです」。

 

「このように、

運命は人生そのものに

属しています。

 

苦悩もそうです。

 

ですから、

生きることに意味があるなら、

苦悩することにも意味があります。

 

それで、苦悩も、

それが必然であるなら、

意味をもつ可能性があります」。

 

(V・E・フランクル、山田・松田訳

『それでも人生にイエスと言う』

春秋社、1993年、111ページ、

41ページ)。

 

そう、

運命は変えられないもの。

 

だとしたら・・・

 

悩みも深くなるかもしれません。

 

悩んだ結果、

人生に意味が出てくると

すれば・・・

 

使命に気づいて

自分らしく生きていく肥やしに

なるかもしれません。

 

苦しいかもしれません。

ぜひ希望をもって、

前に進んでいただきたいと

思います。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容