おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば、

 

特別な使命をもって生まれて

きているがゆえに、

 

職業選択においても

迷うことが多かったのでは

ないでしょうか。

 

とくに・・・「適職」ということばが

クセ者になっているのかも

しれません。

 

 

「一方、大方の人たちは、

『自分に合った職業はどれか?』と、

 

すでにこの世の中に存在する

職業の中から自分の仕事を

選ぼうとします。

 

よく、電車の中吊り広告で『適職フェア』

といった催しの案内を目にしますが、

 

この『適職』という言葉がまさに

『自らを既存の職業に合わせる』

という考え方を象徴しているように

私には思えてなりません。

 

『自分に合った仕事がなかなか

見つからない』という嘆きの声を

よく耳にしますが、

 

それは考えてみれば

当然のことなのかもしれません」。

 

(榎本英剛『本当の仕事』

日本能率協会マネジメントセンター、

2014年、138〜139ページ)

 

そう、この世の中にある

仕事とは、

あなたのためにつくられたもので

ないとしたら・・・

 

いくら自分に合う仕事をみつけようと

しても、

見つからずに消耗するだけでは

ないでしょうか。

 

 

だとしたら・・・

 

使命に気づくことで、

あなたのしごとを創っていくことも

大切なことといえるのでは

ないでしょうか。

 

いきなり今の仕事を

辞めるのではなく、

 

少しずつでも使命に気づいて

職業の面でも、

本当の生き方を実践していきたい

ものではないでしょうか。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容