おはようございます。

 

昨日は、

2019年初日を迎えるにあたって、

私の使命についてお伝えしました。

 

そして今日は、

使命と密接に関係する

「純粋意欲」のようなものについて

お伝えします。

 

「一方、

純粋意欲にはそういったものが

ありません。

 

なぜだかわからないけれども、

とにかくそれがやりたい。

 

他人がなにと言おうとも、

それがやりたい。

 

そういうのが純粋意欲です。

 

何か別の目的を達成するための

手段として、

それをやろうとするのではなく、

それをやること自体がすでに目的に

なっているような意欲です。

 

なぜそれをやりたいのかと

問われても答えられないという意味で、

それは『理由なき意欲』と

呼べるかもしれません」。

 

(榎本英剛『本当の仕事』

日本能率協会マネジメントセンター、

2014年、85ページ)

 

そうです、

あなたが何かをしようと

思ったとき・・・

 

 

そこに理由なんて

答えられなくてもOKなんです。

 

理由なんてつけたら・・・

おそらく他人や社会の基準に

合わせることになるでしょう。

 

「なんとなく・・・」

「わけもなく・・・」

そんな感覚、

 

あるいは直感やひらめきような

ものを大切にすることが

大切なのではないでしょうか。

 

明日はあなたの参考に

なるように、

私の純粋意欲について

お伝えします。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容