おはようございます。

 

昨日は自己実現どころか、

自己超越していくためには、

 

成長している自分を感じることが

大切であることを

お伝えしました。

 

ちょっと難しいですが、

別のいい方をすると・・・

 

「自己を意識し、利己的で、

自己の満足に動かされる

というのではなく、

 

外界に熱中するということの

能力は、

 

その人に欲求欠乏が

強ければ強いほどむずかしくなる。

 

これに反して、

成長動機におかれていれば

いるほど、

 

その人が問題中心的になりやすく、

自己意識をもたないで客観的世界に

とりくむことができるのである」。

 

(A.H.マスロー、上田訳

『完全なる人間 第2版』

誠信書房、1998年、46ページ)

 

簡単にいうと・・・

 

お金がない、能力や資格がない、と、

ないものを埋めようとするのではなく、

 

成長動機に基づいて

外の世界に向かって

働きかけていくことが大切である、

ということです。

 

そこで、あなたに振り返って

いただきたいのが・・・

 

ないものに目を向けて

埋め合わせようと努力して

いらっしゃらないでしょうか。

 

「ないもの」ではなく・・・

どんな些細なことでも、

あなたのなかに「あるもの」に

気づき、

 

磨きをかけていって

いただきたいと思います。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容