おはようございます。

 

 

もしかしたらあなたも・・・

小さいころから私と同じように・・・

 

「目の前の人って、

本当にいるのか?」・・・

と思ったことはないでしょうか。

 

今日はそんな素朴な疑問へ答えようと、

一つの考え方をご紹介します。

 

 

「私の世界知覚と、

他者の言葉やふるまいから

知られる他者の世界知覚が、

 

ほぼ確実に一致し調和する

からこそ、

 

『唯一の共通の現実がある』

という信念が維持されている」。

 

(西研『大人のための哲学授業』

大和書房、2002年、221ページ)

 

目の前の人が本当に

いるかどうかなんて

わからなくとも・・・

 

「私と同じような人がいる」

という確信だけは

確かにあると

いえるのではないでしょうか。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であればなおさらのこと、

 

子どものころから、

素朴に感じた疑問を否定され、

 

自分はおかしいんじゃないか、

と自分を疑ったりしてこなかった

でしょうか。

 

あなたが素直に、素朴に感じる

疑問を大切にすることこそ、

 

自分を大切にし、

自分らしく生きることに

つながるのではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容