おはようございます。

 

仮にあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば・・・

 

「変わり者」として、

子どものころから周囲に

受け入れられないという

ツラい思いを重ねてこられたのでは

ないでしょうか。

 

 

「周囲に、

“溶け込んでいる”かどうかは、

他人とどれだけ似ているか

という観点から定義される。

 

逆に言えば、

個性というものは、

他人とどれだけ似ていないか

という観点から定義される。

 

ということは、

周囲に適合していない部分が、

私たちのアイデンティティ

 =私たちの自己 、

ということになる」。

 

(キャロル・S・ピアソン、鏡監訳、鈴木訳

『英雄の旅』実務教育出版、2013年、

201ページ)

 

そうです、

個性とは、

他人とどれだけ似ていないか、

周囲に適合していなか、

です。

 

大人になったあなたは、

周囲に溶け込んでいなくても

生きていけるし、

 

狭い世界で生きていたころとは

違って、

あなたのことを理解してくれる

人を自分でみつけることも

できるでしょう。

 

これからは個性を大切に、

あなたらしく生きていって

いただきたいと

思います。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容