おはようございます。

 

生きていると・・・

 

嫌なこと、ツラいこと、

たくさん起こることでしょう。

 

「なんで自分ばっかり・・・」

 

って思うこともあるかも

しれません。

 

でも・・・

それには意味があります。

 

「私たちは、自我ではなく、

魂で自分の人生を創りあげる。

 

たとえば、私たちの魂は、

より深遠な英知を授かって

成長を遂げるために、

 

自分から病気を始めとする

さまざまな喪失や苦しみを

選ぶことがある。

 

そうした選択は、

健全で効率的な活動を

守ろうとする自我が忌み嫌う

ものであり、

 

実際にそのような事態に陥ると、

 

自我は犠牲者の気分を

味わされる

(自我が安全や社会的地位を

最優先すると、

魂が被害者の気分を味わうのと

同じことだ)」。

 

 

(キャロル・S・ピアソン、

鏡監訳、鈴木訳

『英雄の旅』実務教育出版、

2013年、258ページ)

 

そう、

自我が他人や社会の基準に

合わせたり、

 

チャレンジせずに怠惰で安全な

生き方を選ぶと、

 

本当のあなたである

魂が喜ばないのです。

 

ということで・・・

魂が本来のあなたに戻ろうと

苦難を引き起こすのです。

 

ツラいこと、苦しいことに

出会ったら・・・

 

本当のあなたに戻る

チャンスが来たと

受け止めていただきたいのです。

 

より苦難を楽に乗り切るためにも

逆らわずに、

受け止めていただきたいと

思います。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容