おはようございます。

 

昨日は

「あなたが命を持っている」

のではなく、

 

宇宙・エネルギー・何か大いなるもの

(サムシング・グレート)が

”いのち”の本体であることを

お伝えしました。

 

したがって、

「したいこと」をするのではなく、

 

宇宙=エネルギー

=サムシング・グレートから

求めれていることをすることが

大切であることをお伝えしました。

 

別のいい方をすれば・・・

 

 

「したがって、

“いのち”の一つのかたち

である私が、

 

本来そうあるよう定められている

正しいあり方、

 

本来そう生きるよう定められている

正しい人間の生き方の原理は、

 

自分のからだを、自分の心を、

 

そして自分の魂をも

その一部として含む

“いのちの働き”の流れに

従って生きていくことにあるのです。

 

 

ある時は、その流れに身を委ね、

ある時は、その呼び声に耳を傾け、

 

またある時は、

その囁き(ささやき)と共に歌い、

ある時は、

そのリズムといっしょに踊る・・・

 

そんな生き方の中に、

人間というものが、

本来そこへと定められた

ほんとうのあり方、

 

ほんとうの生き方が

実現されていくと、私は思うのです」。

 

(諸富祥彦

『どんな時も、人生に“YES”と言う』

大和出版、1999年、137ページ)

 

そうなると・・・

 

「なりたい自分になる」

「やりたいことをやる」・・・

 

そんな生き方をすれば、

とても不自然で

余計つらくなることが

わかるのではないでしょうか。

 

あなたはこれまでツライ思いを

してこられた分、

 

何とか幸せになろうと

無理をしていらっしゃる

ようなところはないでしょうか。

 

一回、

自分が求めているもの、

なろうとしているものを

手放してみると、

何かみえてくるかもしれません。

 

続きはまた明日。

 

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容