おはようございます。

 

 

昨日とおとといより、

何かに夢中になることの条件

として、

 

スキルとチャレンジ、

目標とフィードバックについて

お伝えしました。

 

でも・・・

 

「新しいレベルのチャレンジと

スキルを発展させるのである。

 

理想的な状況では、

行うことをなんでも楽しんでいる間、

人は絶えず成長し続けるだろう。

 

しかし、

事実はそうではないことを

われわれは知っている。

 

ふつう、人は・・・

退屈しすぎ、

無気力でありすぎている。

 

それでわれわれは、

ビデオ(いまでいえばDVD)を

棚から取り出す、・・・方を好む。

 

または・・・

麻薬やアルコールのような

人工の弛緩剤から生まれる

無気力へ落ちていくことの方を好む。

 

最適の体験にたどりつくためには

エネルギーを必要とする。

 

そして非常に多くの場合、

最初の努力を発揮する

ことができないか、

したくないのである」。

 

(ミハイ・チクセントミハイ、

大森訳『フロー体験入門』

世界思想社、2010年、

45〜46ページ)

 

そうです、

最初の第一歩が

非常に大変なのです。

 

逆にいえば・・・

最初の第一歩が踏み出せれば、

何とかなります。

 

机の前のイスに座る、

ペンを持つ、PCを開く・・・

 

勇気をもって、そんな小さな一歩を

踏み出していただきたいと

思います。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容