おはようございます。

 

ましてあなたがインディゴ・チルドレン

であるとすれば、

 

使命を果たして「正真正銘」の

人生を歩みたいと

余計に思うのでは

ないでしょうか。

 

「本当の物語や本当の仕事を

見つけようとしている時には、

 

往々にして、

 

『その仕事は自分の身に

余るのではないか』

 

『自分には物足りないのでは

ないか』

 

という不安が

最大の障害となるものだ。

 

 

 

だが、幸せになりたいものなら、

自分自身の大いなる物語を

生き抜く以外に道はない。

 

成功を手に入れて刺激的な

人生を送ったとしても、

 

それが正真正銘の自分の人生で

なければ幸せにはなれないだろう。

 

そして、

それが正真正銘の

自分の人生であるのなら、

 

どんな生き方であろうと

惨めな思いをすることは

ないはずだ。

 

それは、

成功が保証されている

ものや、

 

成功が保証されているように

見えるものを漫然と

こなしていくのではなく、

 

“至福を求める”という生き方だ」。

 

(キャロル・S・ピアソン、

鏡監訳、鈴木訳

『英雄の旅』実務教育出版、

2013年、462〜463ページ)

 

そう、

あなたが本当に

「正真正銘」の人生を歩めれば、

 

結果はどのようなものであれ、

惨めな思いも、

後悔もしないでしょう。

 

そしてもう一つ、

あなたが目指すところは、

「成功」ではなく、「至福」だと

いうことです。

 

「宇宙はあなたを通じて

何を表現しようとしていますか」

 

使命に気づき、

使命を果たしていくこと、

応援しています。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

 

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容