おはようございます。

 

仮にあなたが、

この世界に愛と光をもたらす

ための戦士として

生まれてきた

インディゴ・チルドレンであるとすれば、

 

どんなにがんばっても

思い通りにならないことに、

不快感を感じるようなことは

ないでしょうか。

 

「『常に、宇宙の未来は

自分の行動にかかっているかのように

振る舞う一方で、

 

自分のあらゆる行動が違いを

もたらすと考える自分自身を

笑いなさい』・・・

 

この真剣な戯言、

この気遣いと謙虚さの

組み合わせこそが、

 

没入と無頓着を同時に可能に

するものである。

 

このような態度をもってすれば、

人は満足感を得るために

勝つ必要はない。

 

結果とは関係なく、

世界の秩序を維持することそれ自体が

報酬となる。

 

したがって、

正当な理由はあるが見込みのない

努力をする時でさえ、

喜びを見つけることができるのである」。

 

(ミハイ・チクセントミハイ、大森弘訳

『フロー体験入門』世界思想社、

2010年、189〜190ページ)。

 

世界を変えようと

いくらがんばっても

変わらないこともあるかも

しれません。

 

そして、あなたが変えようと何かを

するなかで、

何が喜びを見出すことも

できるかもしれません。

 

思うような結果を出せないからと

いって、

あなたはダメなわけではありません。

 

そのプロセスのなかに

喜びを見いだせれば、

 

あなたは、より光り輝くことになると

のではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容