おはようございます。

 

小さいころから

ダメ出しを受け続けて

あなたが育ってきたとしたら・・

 

大人になった今でも、

自分にダメ出しを続け、

できないところに目を向け、

 

不安から逃れるために

無理してがんばっている

ようなところはないでしょうか。

 

「不安にならないようにするには、

さまざまな限界を認めなければ

ならない。

 

目の前に何か苦手なものが

あっても、

 

拒んだり不安を感じたりする

のではなく、

それを受け入れたほうがいい。

 

答えなどないと思えば、

不確実さや複雑さを許容しながら

生きていくことができる。

 

自分の持っているものの

良さを知るには、

希望に達していなくても

満足して受け入れたほうがいい。

 

すべてを思い通りに

できないことなど、

私たちはよく知っている。

 

その事実を認めなければ、

思い通りにいかないと言って

悩むことになる。

 

解決できない問題が

あったとしても、

それを仕方ないと

思ったほうがいい」。

 

 

(ロバート・L.リーヒ、八木訳

『不安な心の癒し方』

アスペクト、2006年、142ページ)

 

どんな人でも・・・

すべて思い通りに生きる

ことはできないし、

 

できないことを目指せば、

余計に苦しくなるだけです。

 

できないことや思い通りに

ならないことが

たくさんあっても、

 

できることや思い通りに

なったこともあるでしょう。

 

できている面に目を向けること、

そしてできないことがあっても、

自分には価値があるという

感覚を持つことが

 

大切であると

いえるのではないでしょうか。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容