おはようございます。

 

昨日は、

ほとんどの人は、

やりたいことを必ずしも

やっていないことを

お伝えしました。

 

そうするとどうなるでしょうか。

 

「多くの人々は、

紐が引かれた時だけ動く

操り人形のように感じながら

一生を過ごしている。

 

このような状況下では、

われわれは心理的エネルギーを

浪費していると感じがちである。

 

そこで疑問となるのは、

なぜより多くのことをしようと

思わないかということである。

 

欲するという気持ちそのものが

注意を集中させ、

 

意識の中で優先順位を確立し、

精神的調和の感覚を

生み出すのである」。

 

(ミハイ・チクセントミハイ、大森弘訳

『フロー体験入門』世界思想社、

2010年、196〜197ページ)

 

最終的には一つに絞るにしても、

 

まずは「多くのことをしたい」

と思うことも

一つの方法ではないでしょうか。

 

多くのことをしているうちに、

優先順位も決まり、

一番したいことがみつかる

かもしれません。

 

ご質問・ご感想等

メッセージはお気軽に!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容